ホメオパシーで治るプロセス ありがたきもの編

レメディを一粒飲んで、長引く症状が治った!
なんてことがあればベストですが、

それはなかなかありがたき(めったにない)こと。
世の中そう甘くはありません😭

程度の差こそあれ、多くの方が

いくつかのカラダの不調と、いくつかのココロの問題を
そこそこ慢性的に抱えているように見受けます。

いろいろな要素が絡み合った現代に生きているので、
そこから生まれるストレスも一筋縄ではないのでしょう。

と思いきや、千年前の古典でさえも、清少納言は語ってます。

姑に大切にされる嫁や、
欠点のない人や、
上司の悪口言わない部下、
最後まで仲の良い男女、
それに最後まで仲の良い女友達!!?

なんて「ありがたき!(めったいない!)」と。

つまり千年前の時代に生きていても、
私たち人間はストレス、特に人間関係に悩まされていたのですね😰

ホメオパシーではそんな複雑に絡み合ったココロとカラダの症状を
ベリベリと剥がしていくことがあります。

症状が複雑で、いったい何層になっているのか見えないので、
剥がせるところから順番に剥がしていくのです。

そうすると、だんだん見えてきます。
本来のあなたが!  welcome back!!

ここまでくると、
ココロもカラダも元気にする気質のレメディがわかります。

前にそんなプロセスを体験したクライアントさんが、
ブログにまとめてくださったので、ご案内させていただきます。

『ホメオパシーと私のリウマチ』

今日は私の持病リウマチとのホメオパシーとの出会いを書いてみます。少し長くなりましたのでお時間があるときにどうぞ😉❤今回は私に限ったお話でして、効果は人それぞ…

一粒のレメディでの改善は「ありがたき」慢性症状が、
プロセスを経ることにより「ありがたし」になったケースです。

ホメオパスみかはそんなプロセスを応援しています

***********************************************************************

ちょっとしたご質問は水曜プチ相談(9月まで:20分20ドル)で。詳細はこちら

正式なコンサルテーションの詳細はこちら

ホメオパシーDIYを可能にする講座はこちら

レメディやティッシュソルトのご注文はこちら

ホメオパスみかへのメッセージは直接メールmikahomeo@gmail.comまでお気軽にどうぞ。

いずれも24時間以内にご返答しております。

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールフォルダやゴミ箱をご確認のうえ、お問い合わせください。

レメディ服用のポイント 春はあけぼの編

 

シドニーはすがすがしい陽気が続き、
街ゆく人々の装いもすっかり春らしくなりました。

インフルエンザも風邪も大流行した冬よ、とうとうさらばじゃ~😁

と思いきや、

あれあれ、風がまだひんやりしませんか。
こんな時、うっかり春の装いでキメてた人は、たいへん‼️

私も友達とビーチでのんびり語ろうと
はりきって春っぽいいでたちで臨みました。

海は癒されるね~、砂浜はいいね~

と、おしゃべりしながらのんびり過ごすつもりが、

お、お、落ち着くよね~海は、と言いながら
寒さで体に力が入り、

い、い、意外に冷えるね~と
ありったけのブランケットやタオルで体を覆い始め、

いつの間にかミノムシと化した私たちは
そのうち言葉少なになり、

やがて片方のろれつが回らなくなってきたのを合図に
車へ避難しました。

春はあけぼの、、
美しい季節ですが、うっかりカラダを冷やしやすいです。
日の出前のあけぼのだったらそれこそ凍えていたでしょう。

風邪をひく前はたいてい
体が冷えたな、寒かったな、

と感じることがあると思います。

ホメオパシーで風邪のレメディ、といえば
よく耳にするのがAconiteアコナイト

このレメディは、

冷えたよ~、うう~~~寒かったよ~、

とカラダが寒さにおののいて、風邪引くかも、と心配になった時に
風邪症状が発症していなくても、服用しておくと効果100倍です。

早めのル◯、とか、早めのパブロ◯、
のように風邪薬風にいうならズバリ❗️

もっと早めのアコナイト です。

このレメディは恐怖心やパニック、ショックなどにも使われますが、
どれも「さむ~い」と感じた時と同じく、カラダが縮こまる状態です。

そんな身が縮こまるような状態の時に作用するレメディなので、
風邪に使う場合も、

冷えたから風邪ひきそう!と感じた時や

あれ?やばいかも!と不安に感じた極初期症状に。

もしくは症状が出てからでも
悪寒で震えていたり、不安でじっとしていられなかったりと
カラダがこわばった状態であればGO。

がっつり鼻声だったり、
熱が上がりきっていたり、
リラックスモードだったりする場合には、

このレメディは適しませんので、
飲み続けることはないようにしましょう。

 

***********************************************************************

ちょっとしたご質問は水曜プチ相談(9月まで:20分20ドル)で。詳細はこちら

正式なコンサルテーションの詳細はこちら

ホメオパシーDIYを可能にする講座はこちら

レメディやティッシュソルトのご注文はこちら

ホメオパスみかへのメッセージは直接メールmikahomeo@gmail.comまでお気軽にどうぞ。

いずれも24時間以内にご返答しております。

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールフォルダやゴミ箱をご確認のうえ、お問い合わせください。

忘れっぽい時のレメディ

夕食を作ろうと冷蔵庫をのぞいた。

豚ひき肉

豆腐

よし、豆板醤もあるし今夜は久々に麻婆豆腐でいこう!

生姜とニンニクとネギを刻み、
フライパンでジュージュー
豆板醤や味噌、醤油、酒などの調味料とお水を投入
煮立ったところで切った豆腐を入れ火を通した。

さて、これで片栗粉を入れてとろみをつけたら終わりだ。

が、何か違和感を感じ、

くつくつ煮立ったフライパンをしばし見つめた。

違和感が何なのかわからない。。。😑❓

しかし、そのむかし中国でマー婆さんが急な来客のためにささっと作った料理、とはいえ、

あまりにも早くできすぎないか?

はっ! そうか、肉が入ってないんだ😭

どうしよう。

いっそのことミー婆豆腐という新しいメニューにしてみようか、
でも、豆腐だけだと育ち盛りの息子がすぐに腹減ったと言うだろうな。。
かといって今から肉団子を作るのも億劫。。

ということで、

煮立ったミー婆豆腐にはいったんボールに入って休憩してもらい、
すっかり忘れられていた豚ひき肉を炒めて
無事麻婆豆腐を完成させた。

あそこで私が違和感を感じていなかったら、
とろみのついた豆腐汁になっていたかと思うと。。。

まだまだ私の感覚も捨てたもんじゃない!
と、かなり苦し紛れに自分を褒めてみた。

しかし、

意図しない新メニューがたびたび食卓に登場したり、

何をしにこの部屋に来たのかいつも思い出せなかったり、

ボーッとしてしまうことが多かったり、など

感覚が鈍って生活に支障が生じるようなら
食生活や睡眠など生活を見直すとともに、

レメデイのNux Moschataを。

頭の霧をクリアにして、
シャキーンと澄んだ毎日をよみがえらせましょう

***********************************************************************

ちょっとしたご質問は水曜プチ相談(9月まで:20分20ドル)で。詳細はこちら

正式なコンサルテーションの詳細はこちら

ホメオパシーDIYを可能にする講座はこちら

レメディやティッシュソルトのご注文はこちら

ホメオパスみかへのメッセージは直接メールmikahomeo@gmail.comまでお気軽にどうぞ。

いずれも24時間以内にご返答しております。

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールフォルダやゴミ箱をご確認のうえ、お問い合わせください。

殻を破るレメディ

「なんで粉なんか使ってないのに、歯磨き粉って言うの?」

と息子に聞かれ、

確かに変だよな、と気づいた私。

いつも息子に、

漢字には意味があるから、
漢字を覚える時はかならず意味も考えなさいよ!

と、口うるさく言っていたので、

息子のギモンはごもっとも。

グーグル先生に聞いたところ、

歯磨き粉がペースト状になったのは1850年代のことで、
それ以前は日本だけでなく、海外でも粉が使われていたとのこと。

で、面白かったのが、

日本の江戸時代初期に商品化された粉状の「歯磨き粉」が、
明治時代にペースト状となった時、

”「歯磨き粉」という呼び名がすっかり定着しており、
新しい呼び方を考えようとすることもなく、それが今も続いているのです。”

というくだり。

呼び名が定着していたからといって、
100年以上経った今でもペーストを粉と呼び続けているなんて😵!!

なんて保守的な国民でしょう、あたくし達 日本人って😌

外国人が日本語を習う時、
きっとこういうところで、びっくりたまげて、日本のお国柄を感じることでしょう。

そんな日本の総合スーパーでは今や
100種類もの歯磨き粉(と呼ばれるペースト状の歯磨剤)が売られているそうで、
選択肢が多すぎるのでは!?という記事を目にしました。

さすがモノ作り能力に長けた日本人。

どんどん開発・改良を繰り返し、
見た目も、フレーバーも、成分も変化。

でも、呼び名は永遠に”歯磨き粉”😌

一口に保守的と言っても、
それが長所なのか短所なのかは捉え方次第ですが、
安定して堅実な人は信頼を得やすいので、それは長所といえるでしょう。

しかし、

もし変化を嫌うあまりに、現状を維持し続けて

ストレスを溜め込んでしまったり、

チャレンジに踏み出せなかったり、

状況を打開できなかったり

臆病になったり、

そんなあなたには一歩前進するためのレメディ、Calc carbを。

馴染みもよいけど、
殻の外にも案外楽しい世界が待っているかもですよ。

殻を突き破って外を見てみたい人は是非。

あ、でもレメディはデリケートなお薬なので
歯磨き粉を使った前後15分くらいの服用は避けてくださいね

スーッとする歯磨き粉の刺激で
レメディの作用が消されてしまわないように😉

********************************************

ちょっとしたご質問は水曜プチ相談(9月まで:20分20ドル)で。詳細はこちら

正式なコンサルテーションの詳細はこちら

ホメオパシーDIYを可能にする講座はこちら

レメディやティッシュソルトのご注文はこちら

ホメオパスみかへのメッセージは直接メールmikahomeo@gmail.comまでお気軽にどうぞ。

いずれも24時間以内にご返答しております。

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールフォルダやゴミ箱をご確認のうえ、お問い合わせください。

のど風邪撃退法

冬至も過ぎ、季節はどっぷり冬のシドニーです。

とはいえ、
このところの最高気温が18度前後、と聞いたら
日本の冬に比べるとずいぶん暖かいです。

各自が人の目を気にすることなく
いつでも自分の体感温度に合った服装で過ごせるのも
老若男女多国籍なシドニーのよいところで☝️

ダウンジャケットに首を埋めるご婦人の横を、
Tシャツ短パンのオジサンが通り過ぎる光景も
ここシドニーでは珍しくありません。

先日うちの息子も、
朝、半袖シャツに短パンで「行ってきまーす」と家を出ようとするので、
いやいや、それはちょっとないよ、と
慌てて上着を持って行かせました。

慌てた本当の理由は、、、
上着があることをいいことにシャツのアイロンがけをサボっていたからですが、、、😅

何はともあれ、朝晩はシドニーでもそれなりに冷え込み、
風邪がけっこう流行っています。

特に、喉にくる風邪。

私自身、風邪を引くといろいろ困ることが多いので
風邪っぽいかな、と思った時は、

全力で撃退します。

たいがいうちの息子が毎年冬の初めに言うのです。
「ママ、喉が痛い」と。

子供は総じてこういうことには鈍感なので、
喉が痛い、と口にした時には、結構症状が進んでいたりします。

つまり、いつも近くにいる私のカラダにも
同じウイルスさんの仲間が既に侵入し、増殖活動を始めているかもしれず、

そう考えた瞬間、ああそういえば、と
喉の微妙な違和感に気づくのです。

なんとなーく、喉の一点がムズッとするとか、

なんとなーく喉がかゆいとか、

なんとなーく喉が乾燥するとか、

そんな時はティッシュソルトのKali murで早めの撃退。

抗炎症作用があるこのティッシュソルトは、
ウイルスさんに荒らされた粘膜を元に戻すサポートをしてくれます。

まだウイルスさんが、クワで粘膜を耕す前なら、
粘膜を守ってくれますし、

クワでグサグサっと数回耕された後でも、まだなんとか修復してくれるでしょう。

喉の違和感がなくなるまで、ちょこちょこKali murを口に投入して
がんばってもらいます。

そして大事なことは、
撃退をティッシュソルトに任せっきりにしてはいけません。
それはunfair~

撃退チームは一丸となって協力し合うべきなのです。

あなたは、
首を温かくして、水分を摂って、しっかり眠りましょう。

心身の回復に、良質の睡眠に勝る薬はありません。

私は首にタオルを巻いて、まるで野良仕事風なナイスないでたちで
ベッドに入ります👍

もしもウイルスさんにガンガン粘膜を耕されてしまい、
唾を飲み込むと痛いとか、
ヒリヒリするとか、
さらには
鼻水や発熱、咳まで進行してしまったら、

Kali murは引き続き粘膜修復のサポートをしてくれますが、
症状に応じた別のレメディが活躍してくれるでしょう。

あなたの症状に合ったホメオパシーのレメディを知っておくと、
お薬なしで過ごせる日が増え、カラダも喜びます。

個別相談はコンサルテーションで、
おうちでのセルフケア法は勉強会でご案内しています。

生活にホメオパシーを取り入れて、
ケミカルフリーの暮らしを目指してみませんか

********************************************

ちょっとしたご質問は水曜プチ相談(6月中:20分20ドル)で。お問い合わせはこちら

正式なコンサルテーションの詳細はこちら

ホメオパシーDIYを可能にする講座はこちら

レメディやティッシュソルトのご注文はこちら

ホメオパスみかへのメッセージは直接メールmikahomeo@gmail.comまでお気軽にどうぞ。

いずれも24時間以内にご返答しております。

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールフォルダやゴミ箱をご確認のうえ、お問い合わせください。