揺れたふくらはぎ

歯みがき中。
歯ブラシを小刻みに動かしていたら

同時に揺れが起こりました

私のふくらはぎに。プルルルと。

え、今揺れた?

まさか脂肪!?そこにあるべきは筋肉のはずなのに。

やばい💦 運動不足も大概にしないと。。。

このところ、いや、ここ数年運動不足で
まともな運動といえばラジオ体操しかしていません。

これをまともな運動と呼んでよいのかどうかわかりませんが。

あまりにも手軽で、

いつでもどこでも
どんな身なりでも
雨でもあられでも
ひとりでも

できるので、

よく人にもオススメしてます。

しかしこの体操、

職場の朝礼なんかで見かけがちな
惰性タラタラバージョンで取り組んだところで、
なんのメリットもありません。

これはパキパキやってこそ効果が出る体操なのです。

音楽も自分の鼻歌で奏でられるし、
なんなら、”ラジオ体操の歌”から始めれば、発声にもなり、
ますます元気な朝が迎えられます。

そう知っていながら。。。

いつも惰性でタラタラやってたから。。。このふくらはぎ。
やっぱりジョギングでもしなきゃダメかなー

しかし面倒くさがり屋の私は

身なりを整えて外に出なきゃならないジョギングよりも、
家でラジオ体操を第二までやる!という道を選びました。

久々のラジオ体操第二は記憶が曖昧だったので
youtube先生のお手本のもとでおこなったのですが、

そのお手本を披露してくださったお姉さんたちの体操は、
まるで私がやっている体操とは別物でした。

背筋も腕もピシッと伸び、しなやかでいて機敏。
上体を前に倒せば床に手が届き、
後ろに反れば後ろの壁が見えてしまうほど柔らか。

それに彼女たちの動きには乱れが全くなく、
まるでどこぞの国のマスゲームのよう。

私もこのお姉さんたちのようになりたい!
と強く思い、

しばらくはyoutube先生率いるお姉さん達と一緒にラジオ体操1&2を行うことにしました。

これでふくらはぎの揺れがなくなるかどうかは不明ですが。

もしも、私の場合と違い、

歯ブラシの動きを止めても、
ふくらはぎや、体のどこかの揺れが止まらなかったら

それはきっと脂肪じゃありません。

久しぶりの運動でこむらがえりを起こしていたり、
イライラや怒りで震えていたり、
疲労でピクピクしていたり、
または
鏡に映った素顔をみた恐怖で震えていたり、

体のどこかが自分の意思とは裏腹に動くようなら

そんな時のお助けティッシュソルトはMag phos

神経がすーーっと落ち着き、筋肉が緩んで、
あなたのカラダに静けさが戻ります。