ふる、ふく、どん

 

もうすぐ50を迎えるほど
人間歴がそこそこ長くなってきた私ですが

こんな言葉があるのを
これまで知りませんでした。

ふる、ふく、どん

これは、

雨 ふる
風 ふく
どんより曇り空

という順に
めまぐるしく移り変わる
春のお天気のことをいうのですね。

そういえば春になってからというもの
洗濯物を干すたびに、

あーあ、降ってきちゃった~とか、

きゃ~飛んじゃいそうだから洗濯バサミたち総動員!とか、

こんなどんよりで乾くかいな。。など

落ち着かない天気に振り回されています。

そして、そんなある日に、
母がぼそっとつぶやいたのです。

「ふる、ふく、どん」

と。

「へ?」

「ふる、ふく、どん」

呪文のように聞こえて、
とうとう母がどこぞの世界に入り込んだか!

と思ってしまいましたが、

違いました。

そんなふる、ふく、どんは
春の気まぐれなお天気だけではなく、

気まぐれな人にもあてはまるように思います。

泣いて、
騒いで、
どよ~んと落ち込んで。

そんなふうに
めまぐるしく変化する人が、あなたの周りにいませんか?

小さなお子様はもちろん
月のモノが来る前の彼女も
過ぎ去った月をなつかしむ彼女も。

もしくは、

あなた自身が、自分をコントロールできずに
気持ちがコロコロ変わってしまっていませんか?

それが、本来の自分ではなく、
バランスを崩してしまっていると感じた時には、

レメディのポースティーラ
あなたや、あなたの周りの
ふる・ふく・どん にお別れを。

そしてみなさんのココロに小春日和を。

ただいまオンラインにて
ホメオパシーのご相談ご注文を承っております。

どうぞコチラまでお気軽にお問い合わせください。

子供にモーニングティーを

オーストラリアで生まれ育った息子を
日本の公立中学校に入れて早4ヶ月。

子育て支援が充実した日本では、
給食という便利な制度があるので、

これまでオーストラリアの幼稚園時代から10年余り、
せっせと(簡素な)弁当を作り続けてきた私に突然のお暇が。

そんななか、先日ふと気づいた。

そういえば、牛乳が苦手な息子は
給食でどうしているんだろうか。。。

で、聞いてみると、

「そんなのお腹が空きすぎて、一瞬で飲んじゃってる」

との返事。

どこぞの脱走兵があまりの空腹に水槽の水を飲んだ、
と昔聞いた話を思い出した私。

そういえば日本の学校は食べない時間が長い!

朝7時に家を出る息子は、昼の12~1時ごろに給食、
部活があるので帰宅は18時。

つまり、食べない時間が5~6時間も!
プチ断食かと思うような長さ。

のんびりしたオーストラリアでは
朝8時過ぎに家を出て、10時過ぎにはモーニングティー、昼にランチ、
おまけに15時過ぎにはアフタヌーンティー。
と、食間は2−3時間しかなかった。

この文化の違いが体格の差??
ではないとは思いますが。。

腹が減った時が食べ時、と考えているわたしは、
是非とも日本の学校生活にもモーニングティーやアフタヌーンティーを
取り入れてもらえたらなあ、と思う今日この頃です。

食べる必要のない私なんかが、
つい食間におせんべいをかじっていたりすると

ふと、腹ペコの息子を思い出し、一瞬手が止まっちゃいます。

で、また食べ始めますが。。。

赤ちゃんからティーンエイジまで、
伸びる世代に必須なティッシュソルトはCalc phosカルク・フォス

成長のサポートになります。

Calc phosは骨が年々かよわくなりがちな
熟女世代にも骨サポートとして役立ちます。

不要な間食の前にまずは3粒どうぞ。

ただいまオンラインにて
ホメオパシーのご相談ご注文を承っております。

どうぞコチラまでお気軽にお問い合わせください。

選択疲れ

 

目覚めた瞬間から、夜眠りにつくまで
あなたはどのくらいの”選択”をしていますか?

現代人は1日平均70回ほどの選択をすると
聞きました。

起きようか、あと5分寝ちゃおうか
朝ごはんに何を食べようか
何を飲もうか
何を着ようか
傘を持って行こうか
今LINEチェックしておこうか

 

帰宅後にさて勉強、という息子も

どの教科からやろうか
どのペンを使おうか
お茶持ってこようか
窓開けようか
音楽かけようか
ちょっとゲームで気晴らししてからやろうか
先にインスタチェックしておこうか

 

ネットショッピングで傘を買いたい私も、

スマホ片手に
何十万種類もの傘から
検索機能のお力をお借りして
適当なものに絞り込んだものの

今度はレビューが表れ、

次に別の傘も提案され、

ほとほと迷ってしまうと、

ほしい物リストに保存する、という選択が用意され、

結局、今じゃなくて夜にもう一度みてみよう、となり、

1日中、場合によっては数日にわたって、
この選択をどんどん引き延ばし、

しまいにげんなりしてしまうことも。

いろいろなことが便利になったはずなのに、
なぜか時間が足りないと感じていませんか?

そして、疲れていませんか?

選択に余分なエネルギーを使いたくない、
という理由で
いつも同じ服装で過ごしていた有名人もいましたね。

昔々、はじめ人間がいた原始時代では、
きっとなかったであろう、

現代社会につきものの数多くの選択が
人間のエネルギーを奪っているように思います。

 

原始人は、
目が覚めたらなにを選択していたのでしょう。

目覚まし時計なんぞはないとしても、目が覚めたら
もうちょっと寝ようかな、どうしようかな、
くらいの選択はしていたでしょうか。

でも、

食べるものはマンモスの残りかバナナぐらいだろうし、

着るものはほぼナシも同然だろうし、

パソコンどころか糸電話もない

学校もない

傘もない

マンモスをどっちの方向に探しにいこうか、とか

どの辺で用を足そうか、とか

どの体勢で寝ようか、とか

そんな感じで、
選択が少なく、シンプルだったのでしょう。

 

現代に生きるあなたの選択疲れには
脳の休息が必要ではありませんか

ティッシュソルトのKali phosカリ・フォス
あなたの脳にもどうかゴールデンウィーク級の休息を

 

ただいまオンラインにて
ホメオパシーのご相談ご注文を承っております。

どうぞコチラまでお気軽にお問い合わせください。

ふてくされた私を救ったアイビー

その日は朝から元気が出なかったのです。

どうしても必要という訳ではなかったけれど
あと2、3日でなくなりそうな卵と
部活でクタクタの息子が最近飲みたがるジュースを口実に

近所のお店まで気晴らしに買い物にでかけました。

時間はまだ朝の7時台。
信号待ちの車がぎっしり数珠繋ぎになっているのを横目に
反対方向に向かって歩いている自分が

なんだか世間から外されたような錯覚にかられ
ますますダークな気分に。。

お店では老年カップルが
菓子パンで太るとか太らないとか話しながら
やだ~あなたに言われたくないわよ~ん、
なんて甘ったれた声でじゃれあっていて、

ちっ、独り身の前で朝からいちゃつくんじゃねーよ
と心の中でつぶやきながら
ジュースの棚に行くと

なんと目当てのぶどうジュースは品切れ。
がっくり

仕方なく卵と、
色がぶとうジュースに似ているブルーベリー味の飲むヨーグルトを買い
外に出ると、

駐車場から颯爽と車を発進させる若い女の子と一瞬目が合った。
心なしか、嘲笑を浴びたように感じた。
ふふ、いい車でしょ、と。

車の必要な町に住んでいながら、まだ車を持っていない私。
これぞ!という車を見つけたものの、残念ながら予算が合わず。

行きよりもますます落ち込みながらとぼとぼ家路についた。
こんな時、目線は下向き。

住宅街に差し掛かった時、
私の急勾配の視覚に、見覚えのあるものが写った。

それはあるお宅の塀に生い茂ったアイビー
一瞬目を疑った。

これは!

これは私が大好きだったアイビー。

シドニーにいたころ、自宅に生い茂っていて、
よく花びんにも活けていたんだった。

そういえば私、これがすごく好きだったんだわ~と
人の家の塀の前で思わず感動にひたってしまい、
それと共に、急に元気がわいてきました。

え?こんなことで元気が?

そうですとも、
好きという感覚ほど自分を幸せにしてくれるものは他にないでしょう。

アイビーを塀ごと持ち帰りたい衝動にかられたけれど、
もちろんそんな訳にはいかないので
とりあえず写真をばちばち撮りまくり、

そこからは鼻歌交じりで上を向いて歩き始めました。

そして歩きながら思い出してきました。

私は白い花も好きで、いつもお部屋に活けていたんだった。

そこで大好きなバッヘルベルのカノン聴きながら

お部屋をレモングラスの香りで満たしていたんだった。

自宅の部屋に戻り、カノンを流して、レモングラスをたきました。
最近やっと窓に取り付けた、お気に入りの白いブラインドから
朝日が差し込んでくるのがなんとも美しくてテンション急上昇。

そしたらなんと!

車屋さんから電話が。

「例の車がまだ売れないので、値下げしますがどうですか?」と。

ほんとですかーーーーーーーーーーーーーー!!!!

運気も急上昇!

心が疲れていて
自分をハッピーにしてくれる自分の好きなものを
忘れてしまっていませんか?

私のようにささいなものでも十分です
モノでも、場所でも、音でも、愛する誰かでも。

あなたの好きなものを思い出して
ご自分をハッピーにしてあげてください。

そしてそんなあなたにもいいニュースが舞い込むことを祈ってます。

好きなものが見つからないというあなたは
レメディのスーヤで、
あなたらしさと、あなたがもっている価値観を取り戻しましょう。

 

 

ただいまオンラインにて
ホメオパシーのご相談ご注文を承っております。

どうぞコチラまでお気軽にお問い合わせください。

急げない人

つい先日まで雪が舞い、
まるで冷蔵庫に入っているかのような気温の下で、
日本の冬ってこーんなに寒かったっけ?とたじろいでいた私ですが、

その後、

あっという間に梅が咲き、

あっという間に桜が舞い、  

つい先日通りかかったばかりの桜並木は、
新緑を思わせる艶やかなグリーンに様変わりし、

今はTシャツ1枚で
汗ばむほどの暖かい風を感じているのです。

日本の人々も自然も、

こんな駆け足で過ぎて行く季節を
ひとつひとつ律儀に受け入れて

つぎつぎに衣を変え、色を変え、

感心するばかり。

いや、迅速なのは季節ばかりではありません。

電車は定時に来る

宅配もすぐに届く

スーパーのレジも待たない

待たないどころか
たいして待ってもいないのに、お待たせしました!の笑顔付。
それももれなくお辞儀付き!

ここにいると毎日がVIP気分😘

日本では当たり前のこんな事が
海外では当たり前じゃなかったりするのです!

シドニーに四半世紀住んでいた私は、今更ながら、
オーストラリアでは、時間が
なぜかゆっくりに感じたなあと思う今日この頃です。

同じ時間なのに、なぜなんでしょう。

そんな私にとって
遅れを許さないスピーディーなニッポンは
何もかもが早送りに感じます。

なので、ついていこうと必死です。

急ぐ

急ぐ

でもなかなか追いつかない

前回のブログもつい先日書いたばかり、のはずなのに、
あれおかしいなあ、
もう3ヶ月以上経っていました、

(これは、どさくさに紛れた言い訳です スミマセン)

私はどちらかといえば
急ぎたくないのに急いでしまうタチなので、

3ヶ月経った今は、おかげさまでボチボチ日本のスピードに
追いつきつつあります。が、

もし

急ごうと思っても急げない、

自分は一生懸命急いでいるのに、
スローモーションに感じてしまうとか、

急ぐこと自体がストレスになってしまうとか、

思考がスローになり、訳がわけがわからなくなってしまうとか、

それで決断力が低下したとか、

それで物忘れまで多くなったとか、

 

そんなあなたにはレメディのアルミナを。
あなたらしい速度で毎日が送れますように。

 

ただいまオンラインにて
ホメオパシーのご相談ご注文を承っております。

どうぞコチラまでお気軽にお問い合わせください。