ショックのレメディ

靴下とフローリングの組み合わせは危険です。

今朝、いつものように二階からリズミカルに階段を降り
一階のフローリングに右足が着陸したその瞬間!

カラダが宙に舞い、背中から床に落下しました。

つまり、靴下の足が滑って、すってんころりんと転んだのです、
微妙に激しいバージョンで。

まるでスローモーションのような出来事で
しばらくその場から動けませんでした。

おばさんが床に転がり
目だけがばっちり見開いていたので、
きっと怖い光景だったと思います。

腰を打ったし、肩も打った。
歩けないかもしれない。車も運転できないかもしれない。
今日の予定はキャンセルしなきゃいけないかな。

頭も打った。
脳に何か影響がでるんだろうか。
今後の私の生活はどうなるんだろう。。子供は、老犬は、、。

だんだん考えが深刻な方向に向かったとき、

老犬が同じく二階からトコトコ降りてきて、
転んだままの私を迂回して、水をチャプチャプ音を立てて飲み出した。

大丈夫?の仕草くらい見せてくれてもいいのに、、

つけっぱなしの朝のテレビ番組から
“50歳過ぎてからの保険”を熱心に勧める女性の声がしていた。

神のお告げか!?

少ししてゆっくり起き上がってみた。
頭はちょっと痛いけど思考は大丈夫そう、腰も痛むがなんとか歩けそう。
ショックで心臓がまだ少しバクバクしていた。

こんな時には、まずは心身が受けたショックを和らげるために
レメディのAconiteを。

エマージェンシーキットにも入っています。

ショックが落ち着いたら、あとはカラダのお手当を。

結局今日は何の変更もなく、予定どおりに過ごすことができました。ほっ。

夕方、シャワー中の息子がまぬけそうに明るく歌う声が家中に響き渡り、
いつもなら、うるさいなーアホだなー、と思うのですが

今日はその歌声に、妙に癒されました。

当たり前のようで、1日が無事終えられたことのありがたみを
身をもって実感した日でした。

平和に感謝。靴下に滑り止め。