ホメオパシーとは 怪しいもの?

私はホメオパスですので、

ホメオパシーが怪しいものとは
微塵も思っていないのですが、

世間では、怪しいと思っている人が多数いることは存じ上げています。

現在ホメオパシー療法で使われているレメディ(薬)には
原料の分子が残っていないものも多くあります。

なぜかというと、

植物やミネラルから作られるレメディは、
特殊な方法で原料を水で薄めて、薄めて、さらに薄めて、
という面倒な作業を繰り返して作られ、

レメディとして世に出る時には、なんと!

分子が残っていないところまで薄められているものがあるのです。

原料の分子が残っていないために、
科学的にレメディが心身に作用を及ぼす説明がつかず、

やれただの砂糖玉だ、
やれただの水だ、
と、メッタメタに叩かれています。イテテテ😭

しかし、ホメオパシーという自然療法が200年前に誕生した当初、
レメディにはバリバリ分子が残っていました。

どうしてかというと、当初はレメディの原料を薄めていなかったからです。

例えばこの写真のアコナイト(トリカブト)のように、
毒性があるが治療に効果的だ、と思われる原料を使う際は、
体に害がないよう、極微量をレメディとして処方していたようです。

しかし、

小さな子供に薄めたお茶をあげるように、
アルコールに弱い人にライトビールを用意するように、
あ、ちょっと違うか💦

どうにか、カラダへの悪影響なしで治せないものかと、
原料を薄め始めたのは、

創始者ハーネマンがこの治療法を発見してから9年後のことで、
現在のように分子のないところまで薄めるのが定着したのは、
発見から35年後のことだそうです。

レメディの原料を
ちょっと薄めても作用が残ることにホッとし、

もっと薄めてみて、まだ作用が残るから感動し、

さらに薄めたらまだ作用が残るので、
これで患者が苦しまずに済むと、大喜びした。。
のでしょうか。

ここから先は好奇心だったのかもしれません。

だんだん薄める作業を繰り返すうちに、
別の作用が生まれることを発見し、
レメディの用途が多様になり

いつのまにか分子が残らないレメディができあがったようです。

アボガドロの法則が認められる前のことなので、
薄めていく段階で、作用の確認はしているものの、
分子有る無しの認識がどの程度だったのかは不明ですが。

自然の原料で、
患者が苦しむことがないよう、
実験を重ねて作られたレメディたち。

ちょっと薄め過ぎたところがマニアックで、怪しい?

でも害をなくした愛いっぱいのホメオパシーが
お薬を減らす手助けになれたらいいな、

と私は願っています。

レメディ服用のポイント 春はあけぼの編

 

シドニーはすがすがしい陽気が続き、
街ゆく人々の装いもすっかり春らしくなりました。

インフルエンザも風邪も大流行した冬よ、とうとうさらばじゃ~😁

と思いきや、

あれあれ、風がまだひんやりしませんか。
こんな時、うっかり春の装いでキメてた人は、たいへん‼️

私も友達とビーチでのんびり語ろうと
はりきって春っぽいいでたちで臨みました。

海は癒されるね~、砂浜はいいね~

と、おしゃべりしながらのんびり過ごすつもりが、

お、お、落ち着くよね~海は、と言いながら
寒さで体に力が入り、

い、い、意外に冷えるね~と
ありったけのブランケットやタオルで体を覆い始め、

いつの間にかミノムシと化した私たちは
そのうち言葉少なになり、

やがて片方のろれつが回らなくなってきたのを合図に
車へ避難しました。

春はあけぼの、、
美しい季節ですが、うっかりカラダを冷やしやすいです。
日の出前のあけぼのだったらそれこそ凍えていたでしょう。

風邪をひく前はたいてい
体が冷えたな、寒かったな、

と感じることがあると思います。

ホメオパシーで風邪のレメディ、といえば
よく耳にするのがAconiteアコナイト

このレメディは、

冷えたよ~、うう~~~寒かったよ~、

とカラダが寒さにおののいて、風邪引くかも、と心配になった時に
風邪症状が発症していなくても、服用しておくと効果100倍です。

早めのル◯、とか、早めのパブロ◯、
のように風邪薬風にいうならズバリ❗️

もっと早めのアコナイト です。

このレメディは恐怖心やパニック、ショックなどにも使われますが、
どれも「さむ~い」と感じた時と同じく、カラダが縮こまる状態です。

そんな身が縮こまるような状態の時に作用するレメディなので、
風邪に使う場合も、

冷えたから風邪ひきそう!と感じた時や

あれ?やばいかも!と不安に感じた極初期症状に。

もしくは症状が出てからでも
悪寒で震えていたり、不安でじっとしていられなかったりと
カラダがこわばった状態であればGO。

がっつり鼻声だったり、
熱が上がりきっていたり、
リラックスモードだったりする場合には、

このレメディは適しませんので、
飲み続けることはないようにしましょう。

 

***************************

ちょっとしたご質問は水曜プチ相談(9月まで:20分20ドル)で。詳細はこちら

正式なコンサルテーションの詳細はこちら

ホメオパシーDIYを可能にする講座はこちら

レメディやティッシュソルトのご注文はこちら

ホメオパスみかへのメッセージは直接メールmikahomeo@gmail.comまでお気軽にどうぞ。

いずれも24時間以内にご返答しております。

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールフォルダやゴミ箱をご確認のうえ、お問い合わせください。

ショックのレメディ

靴下とフローリングの組み合わせは危険です。

今朝、いつものように二階からリズミカルに階段を降り
一階のフローリングに右足が着陸したその瞬間!

カラダが宙に舞い、背中から床に落下しました。

つまり、靴下の足が滑って、すってんころりんと転んだのです、
微妙に激しいバージョンで。

まるでスローモーションのような出来事で
しばらくその場から動けませんでした。

おばさんが床に転がり
目だけがばっちり見開いていたので、
きっと怖い光景だったと思います。

腰を打ったし、肩も打った。
歩けないかもしれない。車も運転できないかもしれない。
今日の予定はキャンセルしなきゃいけないかな。

頭も打った。
脳に何か影響がでるんだろうか。
今後の私の生活はどうなるんだろう。。子供は、老犬は、、。

だんだん考えが深刻な方向に向かったとき、

老犬が同じく二階からトコトコ降りてきて、
転んだままの私を迂回して、水をチャプチャプ音を立てて飲み出した。

大丈夫?の仕草くらい見せてくれてもいいのに、、

つけっぱなしの朝のテレビ番組から
“50歳過ぎてからの保険”を熱心に勧める女性の声がしていた。

神のお告げか!?

少ししてゆっくり起き上がってみた。
頭はちょっと痛いけど思考は大丈夫そう、腰も痛むがなんとか歩けそう。
ショックで心臓がまだ少しバクバクしていた。

こんな時には、まずは心身が受けたショックを和らげるために
レメディのAconiteを。

エマージェンシーキットにも入っています。

ショックが落ち着いたら、あとはカラダのお手当を。

結局今日は何の変更もなく、予定どおりに過ごすことができました。ほっ。

夕方、シャワー中の息子がまぬけそうに明るく歌う声が家中に響き渡り、
いつもなら、うるさいなーアホだなー、と思うのですが

今日はその歌声に、妙に癒されました。

当たり前のようで、1日が無事終えられたことのありがたみを
身をもって実感した日でした。

平和に感謝。靴下に滑り止め。