殻を破るレメディ

「なんで粉なんか使ってないのに、歯磨き粉って言うの?」

と息子に聞かれ、

確かに変だよな、と気づいた私。

いつも息子に、

漢字には意味があるから、
漢字を覚える時はかならず意味も考えなさいよ!

と、口うるさく言っていたので、

息子のギモンはごもっとも。

グーグル先生に聞いたところ、

歯磨き粉がペースト状になったのは1850年代のことで、
それ以前は日本だけでなく、海外でも粉が使われていたとのこと。

で、面白かったのが、

日本の江戸時代初期に商品化された粉状の「歯磨き粉」が、
明治時代にペースト状となった時、

”「歯磨き粉」という呼び名がすっかり定着しており、
新しい呼び方を考えようとすることもなく、それが今も続いているのです。”

というくだり。

呼び名が定着していたからといって、
100年以上経った今でもペーストを粉と呼び続けているなんて😵!!

なんて保守的な国民でしょう、あたくし達 日本人って😌

外国人が日本語を習う時、
きっとこういうところで、びっくりたまげて、日本のお国柄を感じることでしょう。

そんな日本の総合スーパーでは今や
100種類もの歯磨き粉(と呼ばれるペースト状の歯磨剤)が売られているそうで、
選択肢が多すぎるのでは!?という記事を目にしました。

さすがモノ作り能力に長けた日本人。

どんどん開発・改良を繰り返し、
見た目も、フレーバーも、成分も変化。

でも、呼び名は永遠に”歯磨き粉”😌

一口に保守的と言っても、
それが長所なのか短所なのかは捉え方次第ですが、
安定して堅実な人は信頼を得やすいので、それは長所といえるでしょう。

しかし、

もし変化を嫌うあまりに、現状を維持し続けて

ストレスを溜め込んでしまったり、

チャレンジに踏み出せなかったり、

状況を打開できなかったり

臆病になったり、

そんなあなたには一歩前進するためのレメディ、Calc carbを。

馴染みもよいけど、
殻の外にも案外楽しい世界が待っているかもですよ。

殻を突き破って外を見てみたい人は是非。

あ、でもレメディはデリケートなお薬なので
歯磨き粉を使った前後15分くらいの服用は避けてくださいね

スーッとする歯磨き粉の刺激で
レメディの作用が消されてしまわないように😉

********************************************

ちょっとしたご質問は水曜プチ相談(9月まで:20分20ドル)で。詳細はこちら

正式なコンサルテーションの詳細はこちら

ホメオパシーDIYを可能にする講座はこちら

レメディやティッシュソルトのご注文はこちら

ホメオパスみかへのメッセージは直接メールmikahomeo@gmail.comまでお気軽にどうぞ。

いずれも24時間以内にご返答しております。

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールフォルダやゴミ箱をご確認のうえ、お問い合わせください。