ふる、ふく、どん

 

もうすぐ50を迎えるほど
人間歴がそこそこ長くなってきた私ですが

こんな言葉があるのを
これまで知りませんでした。

ふる、ふく、どん

これは、

雨 ふる
風 ふく
どんより曇り空

という順に
めまぐるしく移り変わる
春のお天気のことをいうのですね。

そういえば春になってからというもの
洗濯物を干すたびに、

あーあ、降ってきちゃった~とか、

きゃ~飛んじゃいそうだから洗濯バサミたち総動員!とか、

こんなどんよりで乾くかいな。。など

落ち着かない天気に振り回されています。

そして、そんなある日に、
母がぼそっとつぶやいたのです。

「ふる、ふく、どん」

と。

「へ?」

「ふる、ふく、どん」

呪文のように聞こえて、
とうとう母がどこぞの世界に入り込んだか!

と思ってしまいましたが、

違いました。

そんなふる、ふく、どんは
春の気まぐれなお天気だけではなく、

気まぐれな人にもあてはまるように思います。

泣いて、
騒いで、
どよ~んと落ち込んで。

そんなふうに
めまぐるしく変化する人が、あなたの周りにいませんか?

小さなお子様はもちろん
月のモノが来る前の彼女も
過ぎ去った月をなつかしむ彼女も。

もしくは、

あなた自身が、自分をコントロールできずに
気持ちがコロコロ変わってしまっていませんか?

それが、本来の自分ではなく、
バランスを崩してしまっていると感じた時には、

レメディのポースティーラ
あなたや、あなたの周りの
ふる・ふく・どん にお別れを。

そしてみなさんのココロに小春日和を。

ただいまオンラインにて
ホメオパシーのご相談ご注文を承っております。

どうぞコチラまでお気軽にお問い合わせください。