乾きすぎた朝

朝8時。
「いってきまーす」
と、さっそうと出かけた息子(中1)が
5秒後に帰ってきた。

「おかえり~はやかったね」

「ママ!今日は体操着がいるんだった!」

と、まさにその体操着を洗濯機から出して干そうとしている
私の手元を見て息子が言った。

えっ。。🙀

顔を見合わせて固まった母と息子。

一着しかない体操着。

この冷え込む季節に
息子に濡れたままの体操着を着せるほどワイルドにはなれない母。

学校まで車で送るとしても、残り時間20分。

とりあえず乾燥機へ!

祈る気持ちで12分間、
乾燥機による熱風攻撃を試みたが
残念ながらまだまだ湿っている。

今度は熱々のアイロン攻撃だ。
「アイロン台用意して!」
「はい!」
湿り気の高い箇所を高温で8分間徹底的に攻めてみた。

しかしまだ若干湿っている。

時間がないので車に乗り込み、
最後は車のエアコン攻撃。

最大風量にしたエアコンの吹き出し口に体操着を当てならが、いざ学校へ。

助手席の息子の前では赤い体操着がまるでエアバックのように膨らんでいた。
いい感じだ。👍
学校前へ到着する頃にはずいぶん乾いてきた。まだ完全ではないので

「1時間目の授業中、椅子にかけて干しておきなよー」

と伝えて息子を見送ったが、
おそらく恥ずかしがり屋の息子はあの半乾き体操着をカバンに突っ込むだろうな。。

と考えながら帰途につき、
帰ってからすっかり冷めた紅茶を一口。

他に乾かす方法はあったのかな、オーブンに入れたらよかったのかな、
それにしても😭朝からやれやれだ。。

と思いながら、マグカップを持つ自分の手に目が行った。
カサカサじゃん、まるで砂漠。

体操着は乾かしたけど、手がこんなに乾いちゃいかん。

そんな哀れなお手手には、
硫黄から作られたSulphur を配合したクリームを。

砂漠に潤いをもたらします。

乾燥がひどくかゆみや湿疹が出る場合は
Sulphurのレメディもおすすめですが、
そんな時はまずコンサルテーションでご相談を。